カゼ・インフルエンザに効果のあるレシピ
36*36(1kb) 36*36(1kb) 36*36(1kb)
36*36(1kb)
アロマセラピー辞典
カゼ・インフルエンザに効果のあるレシピ
36*36(1kb)
36*36(1kb) 36*36(1kb) 36*36(1kb)
ケンコーコム




セキやのどの痛みを抑え、カゼの悪化を食い止める。

のどの痛みなどの初期症状
材料 ティートゥリー 1滴
ユーカリラディアータ 3滴
ホホバオイル  10ml
やり方 ホホバオイルに全ての精油を加えてよく混ぜ、のどや鎖骨の下あたりに軽くすり込む。
朝晩2回
ポイント 「カゼをひいたかな」と思ったときにおすすめのレシピ。
のどの炎症を抑え、悪化を防ぎます。
微熱や悪寒などのつらい症状のあった時は、早めに医師の診断を受けましょう。

ひどいセキ・筋肉痛
材料 ユーカリラディアータ または バジル 2滴
ラベンダー 2滴
サイプレス 2滴
ホホバオイル 15ml
やり方 ホホバオイルに全ての精油を加えてよく混ぜ、のどや鎖骨の下あたりに軽くすり込む。
朝晩2回
ポイント のどがイガイガするなどの違和感があって出るセキや、首や肩などの筋肉痛を伴う症状に有効なレシピ。

セキで寝れないとき
材料 ユーカリラディアータ 3滴
ティートゥリー 2滴
バジル 1滴
ホホバオイル 15ml
やり方 ホホバオイルに全ての精油を加えてよく混ぜ、のどや鎖骨の下あたりに軽くすり込む。
就寝前
ポイント 夜、布団に入って体が温まり、セキ込んで寝れなくなった時におすすめのレシピ。
呼吸が楽になりぐっすり眠れます。
痰を出すために出る湿ったセキに有効で、痰の分泌を穏やかに抑えます。

鼻づまり
材料 マートル 3滴
ラベンダー 2滴 または ユーカリラディアータ  4滴
ホホバオイル 10ml
やり方 ホホバオイルに全ての精油を加えてよく混ぜ、のどや鎖骨の下、鼻の下に軽くすり込む。
朝晩2回
ポイント マートルは1,8−シネオールを豊富に含み、気管支粘膜を保護するムチンをつくる細胞を活性化させます。

のどの腫れ、痛み
材料 ティートゥリー または レモン 3滴
やり方 ティートリーまたはレモンを100mlのコップの水に入れて薄め、うがいする。
1日2回
ポイント ティートリーの香りが苦手な人は、さわやかな柑橘系のレモンがおすすめ。
リモネンを豊富に含むレモンは、殺菌・消毒作用があり、白血球を刺激して、感染症の予防・改善に有効です。

インフルエンザによる気管支の炎症
材料 ユーカリ グロブルス または ユーカリラディアータ 2滴
ティートゥリー 1滴
ラベンサラ 1滴
ホホバオイル 10ml
やり方 ホホバオイルに全ての精油を加えてよく混ぜ、のどや鎖骨の下あたりに軽くすり込む。
1日2〜3回
ポイント インフルエンザにかかったら、必ず病院を受診して、水分や栄養を充分にとり、安静にすることが大切です。
熱が下がってからも数日間は安静にしてください。

インフルエンザの予防
材料 ティートゥリー 2滴
ユーカリラディアータ 2滴
レモン 2滴
やり方 40〜50度くらいの温度のお湯を注いだマグカップや洗面器などに、すべての精油を加え、空気中に香りを拡散させる。
ディフューザーやアロマランプを利用してもよい。
朝晩各15分
ポイント インフルエンザやカゼが流行するシーズンに行うと、空気を浄化してウィルスの繁殖を防ぎます。