kakunoshin

症状別精油ブレンド

頭痛

筋肉をほぐして血行を促し、ストレスや疲労からくる痛みをやわらげる。 【頭のだるさ】 材料・ラベンダー 2滴・レモン 1滴やり方 40~50度くらいの温度のお湯を注いだマグカップに精油を加え、目を閉じ、鼻に近づけ、数回呼...
症状別精油ブレンド

気管支ぜんそく

殺菌効果の高い精油で、つらいセキを鎮め、呼吸を楽にする。 【ぜんそくの予防】 材料・ティートゥリー 2~5滴やり方ティートリーを100mlのコップの水に入れて薄め、うがいする。1日2回ポイント     カゼや花粉症を発症すると...
症状別精油ブレンド

花粉症

眠気やだるさなどの副作用が無く、鼻づまりや不快症状がスッキリするレシピ。 【鼻みず鼻づまり】 材料・ユーカリラディアータやり方     片方の鼻を指で押さえ、もう一方の鼻に精油のビンを近づけ、数回呼吸する。もう一方の鼻でも同様...
症状別精油ブレンド

カゼ・インフルエンザ

セキやのどの痛みを抑え、カゼの悪化を食い止める。 【のどの痛みなどの初期症状】 材料・ティートゥリー 1滴・ユーカリラディアータ 3滴・ホホバオイル  10mlやり方ホホバオイルに全ての精油を加えてよく混ぜ、のどや鎖骨の下あた...
基本となる精油

最初に揃えたい定番10種

1.オレンジスイートさわやかな柑橘の香りで、明るく前向きな気持ちにさせてくれるエッセンシャルオイルです。血行を促進して代謝をアップしたり、皮脂分泌のバランスを整えニキビやオイリー肌の改善にも効果的です。便秘や消化不良など消化器系にも作用。...
アロマセラピー概要

アロマセラピーの方法

1.芳香浴    香りを鼻から吸入して、神経に働きかける方法。    直接吸入     精油を1~2滴、ハンカチやティッシュペーパー、脱脂綿に含ませ 直接香りを嗅ぐ方法。    蒸気吸入...
アロマセラピー概要

はじめに

当初、アロマセラピーといえば、香りの癒し効果、リラクゼーション効果にばかり注目が集まり、アロマキャンドルをたいたり、エステティックサロンでマッサージを受けるのが、一般的な楽しみ方でした。現在では、アロマセラピーを取り巻く環境は、大きな広が...
タイトルとURLをコピーしました